サルちゃんのタイ料理三昧 | Saru's Thai Cooking

タイ人サルちゃんがタイ料理関連の最新情報を提供。スマホ版では下記"MENU"をクリック。

【レシピ】マッサマンカレー(Nittayaペースト使用)- Kaeng massaman, แกงมัสมั่น

time 2015/06/14

Featured Image

お待たせしました。m(__)m
パパがずっと忙しかったので、久々の更新になります。
今日は本格的なレシピの記事です。

【今日の食卓】Nittayaのマッサマンカレーペーストは赤々としているけれど、唐辛子の色ではなく全然辛くない。
https://instagram.com/p/35lW4EI2sG/

先日、久しぶりにゲァン・マッサマン(マッサマンカレー、マサマンカレー)を作りました。
パパから美味しいと好評なので、けっこうよく作ります。
米国の情報サイト『CNN.com』が2011年に発表した「世界で最もおいしい50の料理(World’s 50 most delicious foods)」で、マッサマンカレーが1位に輝き、一躍注目を集めました。
その後、日本でも大手メーカーなどがレトルトや調理セットやカレーヌードルを続々と出すようになり、タイ料理ブームに乗って大きな話題になっています。

辛さは控えめで、タマリンドという果実の他、唐辛子、エシャロットコリアンダーシード、カルダモン、クローブレモングラスなどのハーブや香辛料をふんだんに使った複雑な風味で、甘さと酸味が程よく調和した濃厚な味は、世界の他のどの料理にも似ていない独特のものです。

はじめに

「マッサマン」はタイ語で「イスラム教の」という意味です。
タイ南部に住むイスラム教徒の料理で、結婚式などのお目出度い席で食べるものです。
元々はマレー半島のマレーシアが本場のようです。
本来ムスリムの料理なので、当然豚肉は使わず、骨付きの(これが大事!)鶏肉をじっくり煮込みます。

初めに書いておくと、日本でマッサマンカレーを作るのは、ちょっとした壁があります。
マッサマンを作るのに欠かせない果物「マカーム(タマリンド)」が、入手困難だからです。
マッサマンの甘みと酸味に不可欠なもので、これを使わないと話になりません。
とは言っても、日本では生のタマリンドを入手するのは容易ではないですね。
私は、タイヘ帰省した時に買ってきたものを冷凍しておきます。
生のタマリンドを入手できるルートがあるとしても、果物として食べる用のマカーム・ワーンという甘みが強い品種は、マッサマンには向いていません。

生の果実が入手できなければ、タマリンドペーストを使う手があります。
最近急に、Amazonでペーストの種類が増えたのも、マッサマン人気のためかな?
ペーストは、生のタマリンドから絞り汁を作るより簡単でしょう。

例えばアジアスーパーストアなどでも冷凍のタマリンドを売っていると思うので、取り寄せると良いでしょう。
マッサマンは使用するペーストによって味がかなり変わります。
私はタイのNittaya(ニッタヤ)ブランドのペーストが美味しくて大好きです。

【材料】4人分

  • マッサマンカレーペースト:200g(Nittayaブランド)
  • 骨付き鶏肉:500g
  • タマリンド:100g(殻がついた状態で、またはタマリンドペースト大さじ1前後)
  • ジャガイモ:小4個
  • 玉ねぎ:2個
  • 人参:小1本
  • ピーナッツ:1/2カップ
  • ココナッツシュガー(または砂糖):大さじ1
  • ココナッツミルク:200ml(粉末は美味しくなく、お薦めしない)
  • 牛乳:100ml
  • 水:100ml(牛乳不使用の場合200ml)
  • サラダ油:大さじ2
  • ナムプラー:少々

【手順】

●準備

  1. 鶏肉は筋を取り、一口大に切ります。
  2. ジャガイモ、玉ねぎ、人参は一口大に切っておきます。
  3. ピーナッツは、あらかじめフライパンで炒っておきます。
  4. タマリンドは、殻を剥き、種と根っこのような繊維の部分を手で取り除きます(これがけっこう大変で、ペーストを使えば楽です)
  5. 果肉だけになったタマリンドを、適量の水と一緒にミキサーにかけ、ドロドロ状態にします。

●調理

  1. フライパンにペーストとココナッツミルクを入れ、中火で炒めます。
  2. すべてを鍋に移し、水を入れて中火で煮て、煮立つ前に弱火にして、鶏肉がお好みの柔らかさになるまで煮ます。
  3. ジャガイモ、人参、ピーナッツを加えて強火で煮ます。
  4. 煮立ったら中火にして、タマリンド汁を加えます。
  5. ローリエ月桂樹の葉)、カルダモンがあれば、加えます。
  6. 鶏肉が柔らかくなるまで煮ます。
  7. 牛乳を加えます。
  8. 好みによって、砂糖、ナムプラーを加えます(ナムプラーは他のタイカレーなどにも使いますが、旨味を出すための隠し味として重要です)

【今日の食卓】Nittayaのマッサマンカレーペーストの裏書き。
https://instagram.com/p/35lEBEI2rb/

マッサマンカレーは、タイ人の女性でも、作れる人は、そう多くないです。^^;;;;
タイでも日本でも同じだと思いますが、料理に手間をかけるほど美味しいものができて、家族に美味しいと思ってもらいたいから頑張るんですね。

【今日の食卓】Nittayaのペーストを使ったマッサマンカレー。
https://instagram.com/p/35lOqFI2r6/

パパの感想:
マッサマンは、結婚して1年たった頃から、けっこう頻繁に食卓に出てきた。
CNNのランキングが出た後だったが、日本ではまだそう大きく話題になっていない頃だった。
私はタイでは食べたことがなく、というか2011年にサルちゃんと結婚してから知った料理だ。
ペーストも試行錯誤して、あれこれ変えてきたようだ。

そう頻繁に出てこないので、今までのNittayaペースト以外を使った場合との微妙は味の違いは、わからない。
これは見た目が赤々としていて、食欲をそそられる。
実際食べてみても、かなり美味しい。
タマリンドを惜しみなく使って、甘みと酸味のバランスが、たまらんど。
これからは、ペーストの違いを意識して食べることにしたい。

Twilogというサイトの私のアカウントのページで、「マッサマン」で検索すると、写真入りツイートがたくさん出てきます。↓
Noya Momose 百瀬直也(@noya_momose)/「マッサマン」の検索結果 – Twilog

メーカーによるペーストの違い

以下に、日本で入手できるマッサマンカレーのペーストを紹介します。
美味しい・美味しくないは、あくまでも私の好みや主観によるものなのですが、参考にしてください。
色々使ってみて、自分の好みに合ったものを見つけると良いでしょう。

◎Nittaya(ニッタヤ)

私が今まで使ったペーストの中で、いちばん美味しくて好きです。

原材料:唐辛子、エシャロット、ニンニク、コリアンダーシード、乾燥カルダモン、クローブ、塩、レモングラス、エビペースト、椰子油、他

私はタイ人だけを相手にしている日本の特殊ルートで入手しましたが、日本ではネット上でも流通されていないようで、入手困難みたいです。
私は1キロ800円で買いましたが、通常はもっと高いです。
1ヶ所、タイマートで売っていますが、1Kg分が送料別で1850円と、けっこうします。thaimart.jp

上の原材料を見てもわかるように、ペーストを使わずに自分でスパイスを調合する方が、もっと大変でしょう。
そのうち、やってみたいです。
ニッタヤは1Kgだと4人前くらいで5回作るぐらいの分量で、お試し的に使ってみる量ではないですね。
みなさんは、他のブランドのペーストを探した方が良いかも。

【今日の食卓】Nittayaのマッサマンカレーペースト。
https://instagram.com/p/35k9Ogo2rY/
 

◎Roi Thai(ロイタイ)

ペーストではなく、紙パックに入った出来合いのスープになっています。
タマリンドも含まれているので、肉や野菜を加えるだけで、できあがりです。
今年のタイ・フェスティバルで試食しましたが、とても美味しく、おすすめです。
「自分で作った」と言えるかどうか微妙ですが、少なくともレトルトよりは言えるでしょうね。^^;
今回のレシピに挑戦する前に、練習としてやってみるとか?
Amazonで買えますが、1個買いだと送料の方が高くついてしまいます。
1パック二人前です。
タマリンドとか揃えるのが面倒という人向け。

Roi Thai ロイタイ マサマンカレー 250ml

Roi Thai ロイタイ マサマンカレー 250ml

 

◎LOBO(ロボ)

人気ブランドです。
使ったことがありますが、ニッタヤほどではないけれど、コクがあってそれなりの味です。
商品は、一旦見つけたんだけど見失いました。

◎Mae Ploy(メープロイ)

タイカレー全般では、最も人気があるブランドですが、マッサマンは、まあまあの味です。

 

◎Kanokwan

アマゾンで売られていますが、私は使ったことがなく、あまり聞いたことがないブランドです。

 

◎その他(ペースト以外)

日本ではタマリンドの入手が難しいので、ヤマモリや無印の美味しいレトルトを買って楽しむのが無難かもしれません。
タマリンドは、殻や種や繊維を取り除くと果肉の部分は本当に少なくて、手間も考えるとペーストを使った方が楽かも。

ヤマモリのレトルトは、パパが以前食べて、とても美味しいと言ってました。
ただ、レトルトのためか、普通のマッサマンのようなとろみが少ないのが残念とか。

ヤマモリ タイカレー マッサマン 200g

ヤマモリ タイカレー マッサマン 200g

Amazonにはないけれど、無印商品のレトルトも結構おいしいです。
西友ブランドのは安いけれど、タマリンドを使っていないので、食べるまでもないです。
いなばの缶詰は、まだ食べたことがないけれど、グリーンカレーなどはタイで製造で美味しいので、期待が持てます。

いなば マッサマンカレー 125g×24個

いなば マッサマンカレー 125g×24個

 

タマリンドの入手

Amazonで売られているタマリンドの果実やタマリンド・ペーストを紹介します。
どれも使ったことがなく、美味しいかどうかはわかりません。

これは殻を取り去った調理用の果肉のようです。
価格と同じくらいの送料が別途かかります。

ゆうき食品はタイ食材で知られています。
タマリンドペーストは送料無料の価格です。

ユウキ タマリンドペースト 227g

ユウキ タマリンドペースト 227g

こちらは種なしのペーストです。

タマリンド・ペースト種なし(パンタイノラシン:227g)

タマリンド・ペースト種なし(パンタイノラシン:227g)

下記は袋入りのペーストです。

タマリンド ペースト 454g

タマリンド ペースト 454g

少量買いの食材は、どうしても送料が高くついてしまいます。
このブログのサイドバーにバナーを出しているTIRAKITAとかは、けっこう安く、ある程度まとめ買いをするにはAmazonよりも良いかも。
 

マッサマンカレーが美味しい店

マッサマンはタイ南部のローカルフードのため、日本のタイ料理店ではなかなかお目にかかれません。
今まで私やパパが食べたのでは、久米川のサワディーという店のが美味しかったです。
西武新宿線久米川駅から徒歩ですぐのところにあって、ここは何を食べても美味しいです。

【今日の食卓】西武新宿線久米川駅前のサワディーでランチ。昔久米川に住んでいた頃に一度パッタイを食べた。私はゲーン・マッサマン(イスラム風カレー)セット730円。甘さ酸味辛さが絶妙ミックス。サルちゃん使用のペーストと違う。
https://instagram.com/p/QcDprVo2iY/

また、同じ西武新宿線田無駅南口前にあるメースィルアンも、それなりに美味しかったです。
ランチのメニューにはないけへど、頼めば出てきます。
サワディーほどではないですが、うちの隣駅にあるので、たまに食べに行きます。

【今日の食卓】田無のメースィールアンで、マッサマンカレーを特別に頼んでランチセットで700円+税で。春雨サラダ、スープ、飲物付で安い! Massaman curry set in Mae Sri Ruan, Tanashi. Aroi mak.
https://instagram.com/p/yySf4Fo2le/

マッサマンカレーのうんちく

以降は直也(パパ)が書きます。
タイでは「カレー」という料理はありません。
タイカレーというのは、外国人が言い出したもので、インドのカレーとは全く違う料理です。
タイ人は、汁が多い料理を「ゲァン(ゲーン)」と呼びます。
蛇足ですが、うちの家内は、日本に来て初めてインドカレーを食べました。
近所にネパール料理店があって、そこのダールカレー(豆カレー)が大好きなんですが、サルちゃんはインド料理は特別好きでもなく、行く時に説得させるのに苦労します。
一般にタイ人は、タイカレーがいちばん美味しいと思っているんでしょうね。

日本では今、大手メーカーが続々とマッサマン関連の商品を出しています。
バンコクなど中部タイに住むタイ人にとっては、マッサマンカレーは、あまり馴染みがなく、そう魅力ある料理ではないんです。
タイでは「マイ・ペッド、マイ・アロイ」(辛くないもの美味しくあらず)ということわざ(?)があって、やはり辛い料理が人気があることもあります。

日本の大手メーカーの商品を見分ける方法。
材料に「タマリンド」を使っていないマッサマンはインチキで、かなり違った味になってしまいます。
原料コストが高くつくからというのが主な理由でしょうか?
タマリンドペーストなどでも、生の果実を使用するのと変わらない味になるでしょう。

日清のマッサマンカレー・カップヌードルは、スープが濃厚でそれなりに美味しいと思ったけれど、ちょっと酸味が物足りないと思って材料を見たら、タマリンドが使われていませんでした。

マッサマンに限らず、東南アジアの料理の多くは、「骨付き」の鶏肉を使います。
骨まわりの肉の方が美味しいことと、軟骨も美味しく、コラーゲンなどの栄養が取れることです。
うちでは、タイ料理でチキンを使う場合の多くは、骨付き鶏です。
インドネシア・ジャワ島にSEとして派遣されていた時には、手を使って食べるアヤム・ゴレン(フライドチキンのようなもの)などを食べていたのが懐かしい。

タマリンドは、マッサマンだけでなくタイ料理に欠かせない食材なので、Amazonなどでペーストを買っておくと何かと役立つでしょう。
タマリンドについて詳しく知りたい方は、直也がこちらのブログで(オタク的に詳しく)書いているので、読んでみてください。tankyu.hatenablog.com

「World’s 50 most delicious foods」で選ばれた他のタイ料理

前述のCNNサイトで、他に「世界で最もおいしい50の料理」に選ばれたタイ料理を見てみましょう。

46. Som tam(ソムタム):青パパイヤを使った辛いサラダ
19. Nam tok moo(ナムトクムー):焼き豚のハーブ添え
8. Tom yum goong(トムヤムクン):エビの酸っぱ辛いスープ
1. Massaman curry(マッサマンカレー)travel.cnn.com

こうして見ると、順位はともかくとして、選ばれた4つのうち3つは順当な選択といったところです。
ナムトクムーは意外ですが。
【記事終わり】

※レシピの要望が多いですが、レシピ記事を書くと、これだけ膨大なエネルギーを費やすので、あまり頻繁には書けないんですよね。^^;
察していただけると嬉しいです。m(__)m

※レシピ記事の場合、直也がサルちゃんから聞き出した内容をもとに執筆していますが、書く本人がタイ料理を作った経験がないもので、勘違いや誤りもあると思います。
そんな時は、コメントなどでご指摘いただけると嬉しいです。

ブログ村ブログランキングに参加しました。
毎回とは言わないけれど、記事が気に入ったら、画面右上の【タイ料理】のバナーをクリックしてね。

和食はまだまだ勉強中です。
【今日の食卓】ソース焼うどん。私が教え込んで2回目の作品。前回より讃岐の乾麺を固めに茹でていて、歯触りがよく美味しい。Fried udon noodle.
https://instagram.com/p/35YmKVI2p8/

【愛弥美】「ごちそうさまでした」お辞儀までして、ご丁寧に。"Gochiso sama" (Thank you for the meal).
https://instagram.com/p/33nHCYo2i_/



■日本ブログ村ランキング■
記事が気に入ったらクリックして応援してね!
にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ
にほんブログ村

down

コメントする




クリックして応援してね

管理者プロフィール

百瀬サルタヤー(サルちゃん)

百瀬サルタヤー(サルちゃん)

愛称:サルちゃん。 タイから来て東京に住む主婦。タイ料理店での調理経験あり。タイ料理レシピやタイ料理・食品・食材などの情報を提供します。 Sarutaya from Thailand living in Tokyo writes about Thai cooking.



カテゴリー

2019年11月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月刊アーカイブ

タイ食材が安い!ティラキタ


TIRAKITA-タイ食品はこちら

ブログ村PVランキング

Count per Day

  • 1012This page:
  • 15PV today:
  • 39PV yesterday:
  • 798PV this month:
  • 371月別訪問者数:
UA-47707680-1