サルちゃんのタイ料理三昧 | Saru's Thai Cooking

タイ人サルちゃんがタイ料理関連の最新情報を提供。スマホ版では下記"MENU"をクリック。

【今日の食卓】クイッティオうどん、パッタイうどん(Kuitiao & Pad Thai with Udon noodle)、サイ・ウワ(Sai Uwa)

time 2015/11/30

Featured Image

この記事は、直也(パパ)が書きます。
このブログを訪れる人たちは、レシピを求める人が多いかもしれませんが、サルちゃんと私と二人がかりで、かなりエネルギーを費やしてしまうんですね。
なので、そう頻繁には書けません。

これからは、【今日の食卓】というタグをつけて、我が家のタイ料理をたくさん紹介したいと思います。
こういう記事ならば、手軽に書くことができるんですね。

昨日11/29(日)に、うどんを使ったクイッティオ・ナーム(米粉麺の汁そば)が昼食に出てきました。
また、今日は派遣の仕事を休んで、昼はパッタイ米粉麺の焼きそば)うどんでした。

https://instagram.com/p/-p5Fy3I2gc/
【今日の食卓】タイ風うどん。クイッティオ(米粉麺の汁そば)と同じスープだが違和感なく美味しい。Japanese Udon noodle with Thai soup. Good matching.


両方とも、米粉麺をうどんに置き換えた初めての試み(だと思った)です。
また、昼食を食べ終わった後で、サルちゃんが自分の昼食用にサイ・ウワ(タイ北部のソーセージ)を炒めたので、それも食べました。

うちでは讃岐うどんが好きでよく使うのですが、
今回のうどん版クイッティオとパッタイは、両方とも讃岐ではなく普通の平たい麺を使っています。

クイッティオうどん

まず上の写真のクイッティオうどんは、スープは普通のコンソメかな?
それに、ナムプラーなどタイの調味料を使ってタイ風の味付けにします。

最初はそれと気付かず、サルちゃんに今日のはうどんだと言われて、初めてわかりました。
それくらい、まったく違和感がない。
レシピは、米粉麺を使うのとまったく同様にできるでしょう。
といっても、まだそのクイッティオ・ナームのレシピ記事を書いたことがなかったかな?
そのうち書きますね。^^;

【今日の食卓】の記事ならば、下記にあります。
米粉麺の太さによる違いなども解説しています。

saruchan.hatenablog.com

パッタイうどん

https://instagram.com/p/-sdAqwo2q7/
【今日の食卓】昨日のクイッティオうどんに続いて、パッタイうどん。讃岐でなく平たい麺で、タイ人も騙されるかも。卵入りで、いつもより水気が多いあんかけ風。レモン汁をたっぷりかけて食が進む。Pad Thai with Japanese Udon noodle. Aroi.

今日の昼に、何の予告もなく出てきた。
普通のパッタイだと思って食べ続けていたけれど、これもサルちゃんに言われて初めて、米粉麺ではないと気づきました。
タイ人もだまされるのではないかな?(^^)

個人的には、どちらかというと、うどんよりも米粉麺が好きかな。
日本人はすぐ麺のコシとかうるさく言うけれど、私やタイ人にとっては、そんなの関係ない。
やっぱり小麦粉よりも米の方がずっと素材が美味しいと思います。

パッタイの【今日の食卓】の記事は、こちらで書いてます。↓

saruchan.hatenablog.com

これも、まだレシピは書いてなかったかな?
まだ色々と基本的なタイ料理のレシピを書いてませんね。
これから少しずつ書いていきます。

パッタイ用のペーストは、ずっと前から業務スーパーで売っている神戸物産ブランドのものしか使っていません。
これで作ると、タイで食べる普通のパッタイよりも辛さを強く感じます。
辛いものがまったくダメという人でも、パッタイは大丈夫でしょうが、このペーストは合わないでしょう。

サイ・ウワ

https://instagram.com/p/-sfRzyI2t0/
【今日の食卓】昼食はパッタイで終わりと思っていたら、サイ・ウワ(ダイ北部のソーセージ)が出てきた。豚挽肉、唐辛子、レモングラスなどを使い、適度な辛味が癖になりそう。これだけでおかずに十分。Sai Uwa. Aroi mak.

昼食にパッタイを食べ終わった後で出てきたのが、これ。
食卓に出てくると、いつでも嬉しいです。

サルちゃんのタイ友たちに分けてあげることがあるのだけど、サイ・コック・イサーン(タイ東北部イサーン地方のソーセージ)など他のソーセージよりもサイ・ウワがいちばん美味しいと絶賛されています。

食べてみると、けっこうな辛さがあるけれど、普通の日本人の大半はなんとか食べられるくらい?
豚挽肉、唐辛子、ニンニクの他に、レモングラスなどのタイハーブを混ぜ込みます。
普通の市販のソーセージよりも肉のザックリ感があって、こういうのを頻繁に食べられるというのは、贅沢といえるでしょうね。

さすがにタイのソーセージを作ってみようという人は少ないと思うので、レシピは載せる予定はありません。
でも作ってみたいという人が何人かいれば、書くことにしますが。
これに限らず、こういうレシピを書いてというリクエストは、いつでもコメントでどうぞ。

こちらは、【今日の食卓】の記事です。↓

saruchan.hatenablog.com

今回のように、タイ料理に和食のテイストを盛り込んだ料理というのは、日本に住んでいるタイ人ならではのものでしょうね。
じつは私もいろいろアイデアがあって、今後自分で作るか、サルちゃんに作ってもらおうと思っています。
そういう創作料理(?)も、これから少しずつ紹介していきます。

かなりお得な価格でしょう。
サルちゃんに教えたら、さすがに1Kgも使い切れないと。^^;

ケンミン 業務用クイッティオ 1kg

ケンミン 業務用クイッティオ 1kg

ヴェトナムのフォー(米粉麺)だけど、サルちゃんはタイ製でもヴェトナム製でも味は同じだと、こだわりなく使います。

ユウキ フォー(ベトナムビーフン/平麺) 200g

ユウキ フォー(ベトナムビーフン/平麺) 200g

タイハーブとか何とかめんどくさいこと言わずに、こういうのを買って作るのも手軽でしょうね。

アライド タイの台所 タイ焼きそばセット 256g

アライド タイの台所 タイ焼きそばセット 256g

このペーストは使ったことないけれど、味はどうなんだろう?

アライド スリーシェフ パッタイペースト(タイ風ヤキソバの素) 227g

アライド スリーシェフ パッタイペースト(タイ風ヤキソバの素) 227g

サルちゃんのソーセージ作りに欠かせない道具。

ソーセージメーカーセット DK-0524

ソーセージメーカーセット DK-0524

田無LIVINで電飾などの飾り付きで1800円!
枝をたたむと10cm幅くらいの箱に収まって、毎年使えそうです。
西友が輸入しているもので、店舗によっては西友でも置いているかも。
https://i1.wp.com/scontent.cdninstagram.com/hphotos-xap1/t51.2885-15/s640x640/sh0.08/e35/12269866_1171876532841946_1563994075_n.jpg?ssl=1

https://instagram.com/p/-m5e-_I2sF/
【愛弥美】おはよ。カメラを向けると五郎丸ポーズ。(^-^)Mornin'



■日本ブログ村ランキング■
記事が気に入ったらクリックして応援してね!
にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ
にほんブログ村

down

コメントする




クリックして応援してね

管理者プロフィール

百瀬サルタヤー(サルちゃん)

百瀬サルタヤー(サルちゃん)

愛称:サルちゃん。 タイから来て東京に住む主婦。タイ料理店での調理経験あり。タイ料理レシピやタイ料理・食品・食材などの情報を提供します。 Sarutaya from Thailand living in Tokyo writes about Thai cooking.



カテゴリー

2020年4月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

月刊アーカイブ

タイ食材が安い!ティラキタ


TIRAKITA-タイ食品はこちら

ブログ村PVランキング

Count per Day

  • 200This page:
  • 4PV today:
  • 29PV yesterday:
  • 238PV this month:
  • 158月別訪問者数:
UA-47707680-1